Google日本語入力のローマ字テーブルTips

知っている人には今更なネタではあるのだけど、Google日本語入力のローマ字定義テーブルはかなり柔軟な定義ができる。
入力・出力・次の入力を組み合わせることでいろいろなことが出来る。

なお、基本設定する英数文字は本来小文字だが、可視性のため、ここでは大文字で表示していることに注意。動作はGoogleJapaneseInput-0.12.410.100で確認。責任はとらないので使用は自己責任で。

月配列でDシフトやKシフトの二度打ちを無効化したい。

以下のように定義。 出力には何も入れないのがポイント。

DD→D、KK→Kとすることで、キーリピートしても問題ないようにする。

入力出力次の入力
DD D
KK K

月配列濁点前置シフトでKLシフトとLKシフトを統一させたい。

これも前述のように、次の入力に設定。例えばKLでもLKに統一するのであれば、以下のように定義。

KLシフトはLKシフトとする。

入力出力次の入力
KL LK

月配列濁点前置シフトでLDシフトで英数を連続して打つようにしたい。

次の入力に設定することで、連続したモードで打てるようにはなる。もっとも、下記設定だと終了時に[BS]2回押さないとなので、使いどころに困る設定ではあるのだが。他のTipsと組み合わせるといいかも。

LD+英数で連続した英数を打てるように。

入力出力次の入力
LDAALD
LDBLD
LDZLD

月配列で濁点後置で入力したい

実は次の入力に設定する文字は別に英数でなくても構わない。以下のように設定していくことで濁点を後置にすることが可能。なお、次の入力ではなく、出力に設定してしまうと、「そ゛」になってしまうみたいなので注意。

Qで「そ」、QLで「ぞ」を出力する設定。他も同様に設定。

入力出力次の入力
Q 
そL 

定義ファイルを作ってみた。

HTML Generating Time : 0.078 s