Androidの文字入力ソフトについての所感

IS01/IS03/DIGNOと持っているのだけども、物理キーボードを持っているのはIS01のみ。

IS03とDIGNOでは画面をタッチして入力していくことになるのだけども、どれも一長一短ではある。

とりあえず、今入れているのはATOK for AndroidOpenWnnフリック対応版YOMEWnnmazecを入れている。

ATOK for AndroidはUIが秀逸、普段はこれを使って入力している。予測変換もあるので慣れれば50~60文字/分は出せる。1500円の価値があるかは人それぞれだとは思うが、自分は買ってよかったと思っている。

OpenWnnフリック対応版はキーボードの背景をオリジナルで変えられるのが特徴。ただ、完全に半透明にならないのが自分のスキン作成の方法が悪いのだろうか。Google予測変換が使え、履歴に残るのも良い。微妙に記号が打ちにくいのが難点。

YOMEWnnはヘキサフリックが特徴的。自分はBにして練習しようと思っているところ。慣れるまでが時間がかかりそうではある。トグルが切れるとなお良いのだが。

mazecは手書き入力というのもあって、かなり特殊だ。慣れていないせいもあるのだけども、あまりうまく認識してくれないこともある。一番の問題は指で書くと、どうしても字が汚いのだ。タッチペンを買ったほうがいいのかもしれない。

標準のiWnnは英字入力の時にスペースが余計についてくるので論外。そもそも英字入力の時にスペースがつくのはアルファベットとひらがなカタカナ漢字がそれぞれに混じる日本語の入力において馴染まないと思うのだが。(IS03ではよほど不評だったらしく、2.2になる際に改善されたが)

手書きといえば、かつてのW42SAの手書きはひらがな/英字とモードを分ける必要があったとはいえ、識字率が非常によく、ストレス無く入力できたなぁ。

DIGNO Tips

買ってから3ヶ月。ある程度クセもわかってきたので、備忘がてらまとめておこう。

  • 消灯時は電源キーでなくてもhomeキーで点灯可。
  • セーフモードは立ち上げにメニュー押しっぱなし。DIGNOロゴの辺りで押していればよい。
  • リカバリーモードは音量上キー押しながら電源を入れる。
  • au oneメールの同期可能。その場合、au oneそのもののパスワードではなく、メールパスワードを入力のこと。
  • 各アプリのキャッシュがたまってくるとブラウザの起動が遅くなることがある。気がついたときにでもキャッシュ削除ソフトで消すと良い。
  • ATOK等の文字入力アプリを省電力ナビで殺されないように起動中アプリの常時起動で設定をしておくと良い。
  • 充電開始音はシステム音量。鳴るのが嫌ならVolume+等のアプリで管理。
  • デザリングするならバッテリー+の接続を維持する時間は長めが良いかも。
  • 内蔵電話帳アカウントに対応していない電話帳(電話帳R等)を使うのにデータ移行するのは一旦microSDにエクスポートしてから該当アカウントにインポートが簡単。
  • Eメールアプリ最新版へのアップデートにはauマーケット最新版へのアップデートが必須。利用にはauマーケット最新版である必要は無いのでEメールアプリ更新後、auマーケットのアップデートアンインストール可。

XPS17を購入した

2/12に購入したのが、今日届いた。一番の感想は画面がでかいということ。ノートPCでこんなに画面が広くていいのか逆に心配になるレベルだ。ちなみに自分で使うPCとしては初のWindows7機となる。

キーボードは思っていたよりも打ちやすい。今まで使っていたキーボードとのキー幅の差は慣れる必要がありそうだ。

無線LANルータを買い忘れたので、今日はDIGNOのテザリング機能を使ってつないでいる。Wimax対応地域ではあるので速度はそこそこ出てくれている。やるな、DIGNO。

とりあえず、XPで使っていた環境に近づけるべく、Google日本語入力とOperaをダウンロード。OperaはOpera Linkでブックマーク等をほぼ移行することができるので楽チン。

月一で実家に帰ることが多くなっているのだけども、これとDIGNOで実家でもネット環境が出来ることになりそうだ。

HTML Generating Time : 0.138 s