gooメールに動きが

http://blog.goo.ne.jp/goomailstaff/e/6278d1b5fc2a651635e4dab9257ffa51

これはちと様子見。
下手すると旧システムに戻るかもな。

GooメールのJSONを見てみる。

受信したBodyの内容を見るためにHttpFoxを導入。
httpfox :: Add-ons for Firefox

method:mail_labelでフォルダ一覧を取得、method:mail_list_getでフォルダ内メールの一覧、method:mail_get_partsで各メールの本文が取っているみたい。idは自動採番ぽい。 必要な情報が揃ったら、jagaのbrowser.customPost()で投げることになるのかなぁ。
結果はJSONで返ってくるので、JSONの解析も必要になってくるね。エンコーディングはUTF-8で漢字はuXXXX形式でエスケープされているようだ。

Gooメールとりかかり

HTTPヘッダキャプチャを使おうと思ったけど、404になっていた。
保存しておくんだった。古いHDDには入っているだろうから、後で引っ張り出すかな。

仕方ないのでFirefoxのアドオンを使ってみる。こういう時にFirefoxはアドオンが揃ってるから便利だ。
mozdev.org – livehttpheaders: index:

送信されるヘッダを覗いてみたけど、少しだけ仕組みがわかった。
jsonでmethodにmail_list_getを投げるっぽい。
でも、パラメータの決定方法まではわかってません。
そもそも、実現出来るかも現段階ではわからんです。

Gooのウェブメールが変わったのを知った

gmailが出て以降、Jupiter 5を使わなくなっていたのだけど、久々にチェックしたら、大分変わっているのね。

とりあえず、ざっとGooメールの内容をチェックしてみた。
# メールは6ヶ月以上放置していて全部消されていた。
Ajax使ったUIになっている模様。
どうもjquery使っているぽいね。

HTML/JS/CSSもろくに見ていない状況での憶測で言うと、onclickかbehaviorを動的に定義してるんじゃなかろうかと。
だとすると、もはや俺の手に負えないんだろうなぁ。

HTML Generating Time : 0.130 s