SKK for Androidを自分用にカスタマイズする

ここ最近はキーボード入力ではSKK for Androidを使うことが多くなっている。なんだかんだで慣れてしまえばなかなか良いものである。

自分はATOKではqwertyとフリックを併用しているが、タブレットを使っているときは必然的にqwertyでの入力が多い。なので日本語のフリックはタブレットだと殆ど使わないので、日本語もqwertyでフリック出来るように変更した。

左下の文字切替キーに現在の状態を表示するようにして、文字切替キーの上フリックでフルキーと通常とを切り替えられるようにした。フルキーの配置は英語配列に。これは単純に英語配列の方がキー数が少ないからという理由だったりする。

通常でもフルキーレベルの文字入力が行えるよう。下フリックにも数字記号を割り当てる。英語配列を出来るだけ崩したくなかったので、hjkl-=;'を、cvbnm[],./をそれぞれ割り当てた。残る~aに、\zに割り当てる。

一先ずはこれで進めてみよう。

HTML Generating Time : 0.094 s