Opera 10.70 weekly build 3452 導入

言語ファイルが英語だけしかなかったので、10.6から拝借。

ざっと見た感じではそれで良さそげ。

Opera JPのTwitterによると、HootSuiteが動くようになっている模様。

自分はHootSuiteはGoogleChromeで動かしていて、OperaではもっぱらTwicliなんだけど、HootSuite使っている人には朗報かも。

HootSuite
HootSuite – Social Media Dashboard for Teams using Twitter, Facebook, Linkedin

twicli
twicli – A Web Browser-Based Lightweight Twitter Client

Opera 10.60 α1 導入

インストールした。10.51の時は散々だったのだけど、今回は比較的安定している模様。メール関連はインポート後再設定で問題なくいけた。Operaリンクのおかげでブックマークやスピードダイヤルの移行も楽ちん。

今のところ、たま~にだけど表示が崩れるぐらいかなぁ。問題がなければOpera10.10から乗り換えて良く予定。

AutoHotKey→NilScriptに移行中

AutoHotKeyの設定をからNILScriptに移行していく。

ついでにIE用のマウスジェスチャも登録。

困ったことに(AHKの時もそうだったのだが)NILScriptのマウスジェスチャはOperaと相性が非常に悪い。うちの環境だけなのかしら。

Operaのマウスジェスチャをそもそも使えという話なんだけども、Ctrl+ホイールのサイズ変更をホイールジェスチャに割り当てられないんだよなぁ。(左手でCtrlキー押すのが面倒なんです、はい)。

右クリックで動作設定したらオペラ側でジェスチャの↑が効かなくなったり、マウス制御ができなくなったりと結構ヤバい動きをしてくれるorz

なので、右クリックは諦めて、別のボタンに割り当てることにする。

試行錯誤した結果、拡張ボタン1以外にmgDisableを指定することにすることで、なんとか望みの操作を実現出来た。

'RButton':'mgDisable',
'MButton':'mgDisable'
'XButton1 + WheelUp':function()(this.mgFire().send('Ctrl+NumPlus')), 
'XButton1 + WheelDown':function()(this.mgFire().send('Ctrl+NumMinus')), 
'XButton1 + [LButton]':function()(this.mgFire().send('Ctrl+Num0')),
'XButton2':'mgDisable',

ついでに、OperaのマウスジェスチャもFireFoxやChromeと同じように再設定。
それと、F5や↑↓の更新は Reload Frame|Reload に、Shift+F5、↑↓↑で Reload にした。結構フレーム単位での更新を使う人はいいかもしれない。

.htaccessが原因の文字化けにはまる

とあるサイトで、METAタグでShift_JIS指定しているのに、utf-8に化ける現象が出た。HTMLファイルを見ても、異常なところは見当たらない。何故だ。

原因は.htaccessにあった。

.htaccessBOM付きのutf-8で保存していたため、エンコードがutf-8だと判定された模様。BOMを削除したところ、問題解決。今まで500エラーが出てなかったのが不思議だ。

Opera10.53 仮導入

10.10と併用で。あくまで人柱版。

10.5xになって使い勝手が悪くなってる気がしないでもないのだが。10.51の時に比べれば安定はしていると思う。

HTML Generating Time : 0.056 s