Operaでのニュースフィード管理

OperaMailのRSSリーダーとGoogleリーダーと併用しているのだけど、もっとスマートに管理出来ないのだろうか?
調べたら、かなり便利なものが。

全文RSS化

RSSによっては概要しか書かれていなかったりする。RSSなんだから仕方ないけど。全文読めると非常に嬉しい。探したらありましたよ。
Googleリーダー登録済みのフィードを一発でまるごとRSS化する – Alzirr Blog に書かれているが、 RSSフィードを全文配信で読むなら まるごとRSS を使うことで読める。これでサイトに直接見に行かなくても見られるように。

RSS化されていないサイトをRSS化する

RSS化されていないサイトの更新は結構面倒なものだ。

解決策は RSS非対応サイトを無理矢理RSS化するサイトまとめ :教えて君.net に書いてあった。
My RSS – あらゆるサイトのRSSを配信 -あたりが無難か。

Opera用にRSSを書き換える

GoogleReaderとYahoo!PipesでOperaニュースフィードに最適なRSS配信をしよう! – MOMIZINE より。もうドンピシャ。これでますます快適になるね。

Operaの認証管理マウスジェスチャを他のブラウザで行う

Google ChromeとFirefoxでも認証管理はついているんだけど、どうもボタンを押すのが面倒くさい。
Operaならマウスジェスチャの→↑でできるから、非常に楽だったのね。

そこでスクリプト書いて出来るようにしてみた。ただ、document.forms[0].submit();してるだけなんだけどね。

Google Chrome + Mouse Stroke 1.9.3 の場合

Custom Strokes」で以下のスクリプトを設定。

document.forms[0].submit();

それと、「Hold Ctrl key to fire Custom Strokes」のチェックは外す。最初チェック付けていて嵌りました。

Firefox + FireGestures 1.5.7 の場合

スクリプトを追加」からで以下のスクリプトを設定。

window.content.document.forms[0].submit();

window.contentってところに嵌った。これさえわかれば後はどうってことないのだけど。

メーラーの一長一短

自分は普段、Opera10.10に内蔵されている、OperaMailを使用している。
サイト見ながら、メール読んで…使い方には丁度良い。
困ったことに、日本語の添付ファイル名が文字化けするんだよね。
これは、Operaが悪いわけでなく、日本では本来RFC違反なエンコード方式がデファクトスタンダードになってしまったため。
Operaも対応してくれればいいのに、とは思うけどね。
なので、基本的にファイル名は英語で送って、日本語ファイルがある時は圧縮して英語名称で送っています。
いい加減、OEとか対応して欲しいんだけどねぇ…。

ThunderBird 3ではMSNメールがPopでしか取れないし、なにより、キーバインドが違いすぎる。
すべて既読にするは[Ctrl]+[Shift]+[A]でしたいんだよな。

Windows Live Mailの良いところはMSN/HotmailがWebDAVで読めるところ。
Gmailの迷惑メールフィルタを使おうとすると、迷惑メールラベルを貼りつけてくれるの[Gmail]を基準フォルダにしてラベルを殺さないとだし。「/」の入力がが標準ではできないんだよね。
と思っていたのだけど、設定ファイルを書き換えでいけるみたい。
ホーム (Windows Live メールでGmailのIMAPを設定)

HTML Generating Time : 0.054 s