WordPressの罠

id番号がどうして不連続なんだろうなぁって思っていたのだけど、リビジョン管理してるからだと判明。
複数人でやるわけでもないし、リビジョン管理いらないので、無効化しました。
ファイルとアップロードするとまたid飛ぶみたいだけど、そこはもう仕方ない。

Gooメールとりかかり

HTTPヘッダキャプチャを使おうと思ったけど、404になっていた。
保存しておくんだった。古いHDDには入っているだろうから、後で引っ張り出すかな。

仕方ないのでFirefoxのアドオンを使ってみる。こういう時にFirefoxはアドオンが揃ってるから便利だ。
mozdev.org – livehttpheaders: index:

送信されるヘッダを覗いてみたけど、少しだけ仕組みがわかった。
jsonでmethodにmail_list_getを投げるっぽい。
でも、パラメータの決定方法まではわかってません。
そもそも、実現出来るかも現段階ではわからんです。

メーラーの一長一短

自分は普段、Opera10.10に内蔵されている、OperaMailを使用している。
サイト見ながら、メール読んで…使い方には丁度良い。
困ったことに、日本語の添付ファイル名が文字化けするんだよね。
これは、Operaが悪いわけでなく、日本では本来RFC違反なエンコード方式がデファクトスタンダードになってしまったため。
Operaも対応してくれればいいのに、とは思うけどね。
なので、基本的にファイル名は英語で送って、日本語ファイルがある時は圧縮して英語名称で送っています。
いい加減、OEとか対応して欲しいんだけどねぇ…。

ThunderBird 3ではMSNメールがPopでしか取れないし、なにより、キーバインドが違いすぎる。
すべて既読にするは[Ctrl]+[Shift]+[A]でしたいんだよな。

Windows Live Mailの良いところはMSN/HotmailがWebDAVで読めるところ。
Gmailの迷惑メールフィルタを使おうとすると、迷惑メールラベルを貼りつけてくれるの[Gmail]を基準フォルダにしてラベルを殺さないとだし。「/」の入力がが標準ではできないんだよね。
と思っていたのだけど、設定ファイルを書き換えでいけるみたい。
ホーム (Windows Live メールでGmailのIMAPを設定)

HTML Generating Time : 0.146 s