KingSoft SpreadSheet 2010を使ってみる。

どの位互換性があるか、ものは試しで購入していたKSO SpreadSheet 2010。
MS Office 2010βやGOOo、Gnumericも入れてはいるんだけど、結局通常使用はKSO2010になりそう。
もちろん、MSOが一番いい選択肢なのはわかっているのだけど、散々慣れてきたMSO2003のUIからリボンUIに変えるにはストレスがたまりすぎる。
Excelブックは自分の環境ではKSOでの編集が基本的には一番落ち着いてます。
マクロつきとかはさすがにMSO2010βだけどね。


KSOの良い点はMSO2003と操作感がほぼ同じこと。
ちょっとしたExcelブックの編集とか、廉価版Excel2003としてみれば十分だと思う。
ただ、問題もあってキーバインドが一部対応していない。
[Ctrl]+[2]、[3]、[4](それぞれ[Ctrl]+[B]、[I]、[U])が対応していないのだ。
これには困った。
抜け道があるにはある。
一つはAHKあたりでバインドを無理やり変更してしまうやり方。
スマートではないけど、自分はそうしてた。
実はもっとスマートな方法があって
1.ツールバーのユーザー設定で新規ツールバーを作成
2.ツールバーにキーバインドを変更したいメニューを追加
3.追加したアイコンの編集からホットキーを設定

でいける。
思ったよりは柔軟に設定ができるみたい。
とはいえ、設定出来るメニューがない場合はどうしようもないのだけど。
とりあえず、この3つのキーバインドを変更出来たのはでかい。

コメントは受け付けていません。

HTML Generating Time : 0.107 s